Jun 15, 2019

「無理なく続けるコツ」マインドフルネス瞑想のやり方3

前の記事はこちら
■「基本的なやり方」マインドフルネス瞑想のやり方2

30分の瞑想を1回だけやって、その後まったくやらないとしたら、あまりその効果は期待できないかもしれません。(まったく効果がないとはいいませんが)

瞑想は短時間でも、続けることが大切です。

本気で取り組もうと思うならば、まず「続ける」と決めて、どうやったら続けることができるのか、どのようにするのが自分には合っているかを探ってみてください。

 

■頻度

1日1回、または2回程度行うと効果的です。

 

■時間帯

朝起きてから、または夜寝る前など、静かな時間を取りやすく、習慣化させやすい時間帯がおすすめです。
ただし、完全に目覚めている時間を選びましょう。

 

■長さ

可能であれば10分の瞑想からはじめて、徐々に20分ぐらいまで伸ばすと効果的です。
ですが、毎日10〜20分座ることが難しいようであれば、5分、または2〜3分など、もっと短い時間でもかまいません。

 
これを書くと「じゃあ10分も座らなくていいや」と思われてしまうかもしれませんが、可能であれば10〜20分行ってください。それを続けることで得られるものは大きいでしょう。

けれど、多くの人が1回やってみておしまい、または、数日続けてその後面倒臭くなってしまったり、忙しさの中に忘れ去られてしまっているという現状があります。

マインドフルネス瞑想に少しでも価値を見出すのであれば、前述したように、まずは「続ける」ということを目標にしてみてください。

 

<続けるコツ>

■できることをやる。続かないようだったらハードルが高いので下げる。例えば毎日行うよりも2日に1回の方が続けやすいようだったらそうしてみる。

■1日や2日忘れてしまったからといってやめてしまわない。思い出したときにまた始めればいいんです。

■マインドフルネス瞑想会や、マインドフルネスにフォーカスされたヨガのクラスに定期的に参加する。仲間と一緒に行うことでモチベーションUPにもなり、自己流になっていないかの確認もできます。

*私が行っているヨガやヨガセラピーは、すべてマインドフルネスがベースになっています。
もちろん、それ以外でも参加しやすいクラスや瞑想会があれば、ぜひ行ってみてください。きっとサポートになると思います。

次回は日常に取り入れる方法について書いていきます。裏技(?)もあります!
■「日常に取り入れる方法」マインドフルネス瞑想のやり方4



《 Information 》

■【7/26】オンライン マインドフルネス瞑想会
■オンラインヨガ
■オンライン無料ミニ瞑想会
■ヨガセラピーオンラインセッション
■ Instagram Twitter