Apr 15, 2017

【7/15-16】ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間:: in 和歌山

 
この夏、和歌山の海を臨む素敵な旅館で、女性のためのヨガ・リトリートを開催します!

教師はわたくし鈴木千絵と、クリパル・ジャパンディレクターの、三浦まきこさん。

まきこさんとは、2011年に京都のヴィパッサナー瞑想リトリートで10日間一緒に座ったことをきっかけに親しくなり、その後もクリパルヨガ教師トレーニングのアシスタントに一緒に入らせてもらったり、この1年はフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)トレーニングで共に学び合った、大切な仲間であり、先輩であり、友人でもあります。

そうして今回は和歌山県在住のクリパルティーチャー&PRYTセラピスト仲間でKripalu Westを立ち上げた仲間でもある吉井裕恵さんにも多大なる協力を得ています。

昨年、PRYTトレーニングの息抜きも兼ねて、裕恵さんの招待で和歌山県にある山の上の古民家「うえみなみ」さんにみんなでお邪魔しました。(上の写真も、うえみなみさんで撮影したものです)

そのときに、こうやって日常から離れ、自然と触れているだけでも勝手に心は「いま」に戻って来て、勝手に五感は開かれて、勝手に自分に必要な癒しや気づきは起こるんだなあって、あらためて実感しました。

そこからイメージは膨らみ、今回はこれまで以上に「自然の持つ力」を信頼したリトリートとなっています。

もちろんヨガプログラムも盛りだくさんですが、それと同じぐらい、「ひとりの時間」も大切にしてもらえるようプログラムしました。

他の人と一緒にいながらも、自分の時間を大切にするあり方は、きっと日常でも活かせることと思います。

また、ひとりの時間があるからこそ、そこにいてくれる他者の存在をありがたく感じるのかもしれません。

 

 
Makiko & Chie Presents 1泊2日 女性限定

ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間::

 
この夏、自分のための休暇を取るなら、どう過ごしたいですか?

ひとりで気楽に過ごしたい。
かといってずっと一人もさみしいな。
のんびりしたい、でも、何もすることがないのもつまらない。

ただ遊ぶだけじゃなく、自分のためにできることをしたい。

そんな女性にはきっと、このヨガ・リトリートがぴったりくると思います。

 
和歌山の海までの電車やバス、自家用車での旅は、
一人旅よろしく、のんびり楽しむ。

二日間過ごすのは、海に面したお宿。

柔らかな女性の胎内を思わせる海、波の音に包まれると、
心も体も和らぎ、リラックスするでしょう。

自分の体の声を聴くようなヨガ、
優しい瞑想やジャーナリングなどは、自分のための時間。

海の幸と山の幸を味わう食事や、夜の花火、朝の海岸でのヨガなどは、
みんなで喜びや楽しさを分けあう時間。

近隣を散策したり、お宿のカフェでのんびりお茶する
ほっこりした自由な時間も過ごせます。

自分のための夏休みを、一緒に過ごしませんか?

 

 

スケジュールとプログラム内容

◉スケジュール(順不同、若干変更する場合もあります)
1日目
13:00 集合
13:30 プログラム1
17:30 休憩
18:00 夕食
19:00 自由時間(お風呂、手持ち花火遊び他)
22:00 就寝

2日目
6:00 起床
6:30 海岸散策、朝ヨガ(自由参加)
7:30 朝食
8:30 休憩
9:30 プログラム2
12:30 着替え、片付け
13:00 現地解散

◉プログラム内容(順不同)
・ウォームアップ
・ミニ講座:ウーマンズヨガとは? 季節のサイクルについて
・陽ヨガ(クリパルヨガ)
・陰ヨガ
・女性性を高めるワーク
・チャクラ・ワーク
・瞑想:ヨガニドラー(仰向けで行う瞑想)、五感を開く瞑想など
・ジャーナリング
・シェアリング

*食事は野菜とお魚が中心のお料理です。アレルギーや食べられない物がある方は事前にお知らせください。
*自由時間にはカフェでお茶をしたり、散歩をしたり、お部屋でくつろいだりと、それぞれの時間をお過ごしください。
できるだけ携帯電話やインターネットから離れた時間にすることをおすすめします。
 

◉ウーマンズヨガとは・・・
元来、自然界に四季や月の満ち欠けのサイクルがあるように、女性には、生理周期や初潮から閉経期までの女性性のプロセスがあり、女性と自然は相互に影響を与え合っています。

しかし、現代の生活の中では、女性達が生きる環境は変化し、様々なストレス、緊張状態が続き、自分の女性性や自然のサイクルを感じることが難しい状態が多くなっています。

ウーマンズヨガでは、自分の内外に存在するサイクルに注意を向け、そのエネルギーに合わせたヨガや瞑想、呼吸法等を行い、女性同士がサポートし合うコミュニティを作ります。

女性が自然の一部であるという実感を取り戻した時、母なる自然から大いなるサポートを受けとり、女性としての自分自身への気づきや、癒しが起こります。

★ウーマンズヨガHP:MAKIKO & CHIE’S WOMAN’S YOGA

 

開催内容

【日程】
2017年7月15-16日(土日)
*15日13:00に現地集合、16日13:00に現地解散

【指導】
三浦まきこ、鈴木千絵

【受講費】
・通常料金: 28,960円
内訳:プログラム参加費16,000円、宿泊費12,960円(1泊2食付)

・早期割引: 26,960円【6月15日までのお申し込み】
内訳:プログラム参加費14,000円、宿泊費12,960円(1泊2食付)

*宿泊は3〜4名での相部屋となります。
*プログラム参加費には会場利用料も含まれます。

【持ち物】
ヨガマット、動きやすい服装、歩きやすい靴(山道を軽く散策します)、雨具、筆記用具、ノート、ハンドタオル、水筒またはマグ、その他宿泊の際に必要なもの

*フェイスタオル、バスタオル、パジャマ(浴衣)、歯磨きセットは客室備品を利用できます。
シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤーは浴場にてご利用いただけます。

*好きな音楽や本、絵を書く道具、ハーブティなど、ひとり旅を楽しむアイテムも、あればご持参ください。

【対象】
ヨガがはじめての方から体験者まで、すべての女性にご参加いただけます。

【会場・宿泊先について】
紀州和歌の浦 木村屋
和歌山県和歌山市新和歌浦2-2
HP:http://www.wakanoura.com
*リンク先から館内の動画をご覧いただけます(※音量注意)

【アクセス方法】
◉気ままな一人旅気分で、バスをご利用の場合
電車でJR「和歌山駅」または南海本線「和歌山市駅」まで行き、
そこから「新和歌浦」行きのバスに乗って、終点「新和歌浦」バス停で下車してください。
左手に漁港を見て、道なりに緩い坂を上がると、5分ほどで旅館に到着します。

*バス運行時間はこちらからご確認ください
http://www.wakayamabus.ekiworld.net/dia/route/web/exp.cgi

◉安心おまかせな、送迎をご希望の場合
JR和歌山駅からの送迎も可能です。
ご希望の方は事前にお知らせください。

 

*すべての客室から海が一望できます

 

*「癒しの空間」をコンセプトにした浴場

 

講師プロフィール

三浦まきこ|Makiko Miura

株式会社クリパル・ジャパン ディレクター
クリパルヨガ教師 E-RYT500
マタニティヨガ、ウーマンズヨガ教師

20代でヨガ、瞑想を始め、30代で結婚、出産。妊娠を機に「女性であること」を意識し始める。女性に起きる心身の変化は、自然のうねりのようなものと捉え、それを静めようとするのではなく、波に乗る方法のひとつとして、ウーマンズヨガを指導。セルフケアの大切さと、そのためのヨガ、瞑想などの実践方法を紹介している。趣味は天然酵母のパン作りと歌。
HP:MAKIKO MIURA.COM

 

鈴木千絵|Chie Suzuki

米国クリパルセンター公認ヨガ教師
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピスト
ウーマンズヨガ教師

東京出身、京都在住。クリパルヨガ教師になった4年後の2012年、米国にてサラ・アバント・ストーヴァーによるウーマンズヨガ教師トレーニングを受講する。これまであまり見ないようにしていた「自分が女性であること」と改めて向き合い、新しい角度から癒しが起こる。生理や出産、それらにまつわる感情の浮き沈みなど、変化がつきものの女性の人生を「自然のサイクル」と捉え、起きていることを排除せずに十分に味わおうとするウーマンズヨガに共感し、指導している。趣味はひとり旅と、お茶をすること。
HP:SUZUKICHIE YOGA & THERAPY

 
【主催/お申し込み】
鈴木千絵 yoga@suzukichie.com

※以下の内容を明記の上、メールまたはコンタクトフォームよりお申し込みください。
1)講座名:ウーマンズヨガリトリート
2)お名前
3)当日の連絡先となるお電話番号
4)送迎の要否

● お申し込み受付後、予約確認メールをお送りしますので、1週間以内にご入金をお願いいたします。その段階で申し込み完了とさせていただきます。
● 携帯電話のメールをご使用の方は、yoga@suzukichie.comからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
● 通常2日以内に返信しております。3日経ってもメールが届かない場合は、受信拒否設定になっているか、迷惑フォルダに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご連絡ください。
● 開催1週間前の時点で最少催行人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただくことがありますので、ご了承ください。

 
【ご予約のキャンセルについて】
キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、予めご了承ください。
なお、振込手数料はご負担願います。

14日前〜8日前 リトリート料金の20%
7日前〜前日 リトリート料金の50%
開催当日 リトリート料金の100%

 

 

参加者の声

● 季節ごとに、みんなでサークルになって、自分の身体の声を聴く時間を持てるって素晴らしいことだなと実感しました。ひとりだと、なかなか気付けないことも多いし、シェアリングの中でみんなの体験を聴いて「わたしだけじゃないんだな~」とほっとしたこともありました。このような場を設けて下さったことに感謝です。どうもありがとうございました。

● 女性にフォーカスした内容全てがとても良かったです。季節のサイクルでは、身体で何となくは感じていたものの、実際に円を四季に分けて視覚を通して確認してみると、自分の体験、経験と繋がるところが沢山あり、すんなりと自分の中に落としこむ事が出来ました。
例え日常においてバランスをくずし不安定な状態になったとしても、それは自然な事と、そのままの在り方を尊重し、受け止めて、自分を信じたいと感じました。

● ヨガだけでなく、ジャーナリングを通して自分の心の中を整理できたことが良かった。日常で続けていけば、自分の行動や思考のパターンがどういうことからくるのか、気づいて行けると思いました。

● ウーマンズヨガのテーマに合わせ、女性のみだったこと(男性が一人でもいるのと女性だけでは違う!と感じました)
感情や人生のステージを季節に置き換える視点が新鮮で、分かりやすかったこと(慈しみも憎しみも、同じ夏エネルギーなんだと知り、安心しました)

● 自分が女性である事を実感できました。 自分で自分を癒したり、自分を慈しんだり、私にとっては難しいと感じる部分はありましたが、ヨガやシェアリング を通して、自分の体や心と静かに向き合えた事や、他の人と気持ちを分かち合えた事が嬉しかったです。振り返ってみると、この体験が癒しだったのかな?と思いました。

*ウーマンズヨガの翌日、7/17(月祝)には、まきこさんによる
「アーユルヴェーダとヨガの1日 《夏の養生編》〜体にまつわるインドのおばあちゃんの知恵〜」
が開催されます。
会場は、今回のリトリートのきっかけとなった「風の古民家 うえみなみ」さんにて。
こちらもぜひご参加ください。私も参加します!

詳細は、主催者である裕恵さんのブログをご覧ください >

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >