Mar 26, 2016

ありのままの自分とつながる〜クリパルヨガの3ステージあとがき

image

あいちゃんと2人で開催したワークショップ、無事終了しました。
写真がうまく撮れておらず、後列の方の顔が隠れてしまってゴメンナサイ!

短い時間でしたが、クリパルヨガのエッセンスを少しでも感じてもらえたでしょうか?
普段のヨガの練習でも、今回体験したことをぜひ意識してみてくださいね。

クリパルヨガは、日常をより健やかに生きるためのヨガです。

それは、何かを整えたり制限したりというのとはちょっと違っていて、
「いま・ここ」のありのままの自分に意識的(マインドフル)になるということ。

そして、人生で困難に出会ったときには、
「いま自分はエッジにいるんだ」
というふうに捉えてみてください。

もう出口はないと思えたときだって、マインドを横に置けば、
本当は無限の可能性に満ちあふれているのかもしれない。

そのためにも、できるところはリラックスして、呼吸をして、
起きていることを味わってみてください。

そこから抜けてみることも、とどまることも、どちらもOK。
起きていることに意識的であれば、きっとそこから学ぶことはあります。

 

私は、個人的にはとても落ちついていて、
終始素の自分でいられたことが嬉しかった。

そして、一緒にティーチングをしたあいちゃん、アシスタントとして手伝ってくれた
京都のクリパルティーチャー杏子ちゃんがいてくれたことが、とても心強かった。
ひとりじゃないんだ、って気がしていた。

続編を希望してくれる声がたくさんあり、
私たちもぜひ続けていきたいと思っているので、
また今後が楽しみです。

image

最後に、みなさんからいただいたアンケートの回答を、一部ですが紹介します。

【 今回のワークショップで特によかった点があれば教えてください。】

● クリパルヨガの全体像(ステージ1〜3)の説明があったので、初心者の私でも理解しやすかったです。
ペアワークの相手がころころ変わらなくて、安心して相手の方と話すことができました。
プレスポイントやエッジをしっかり確認してからのヨガが、いつもと体の感覚が少し違って、呼吸が自然にできている感覚がありました。

● 大人数でヨガを経験できたこと。

そして家族やパートナー以外で、
初めて会ったばかりの人にあんなにたくさん触れたのは
きっと初めての経験かもしれません。
人の体温に最初戸惑いましたが、触れたことで始まる
コミュニケーションもあるのかもしれない、と思いました。

最後のレッスンのエッジの観察のとき、
すごくしんどかったので先生の言ってくれはった通り
一度離脱することに挑戦してみました。
離脱して、少し自分を観察して、また戻って、、、、という
自分の行動に自分で励まされたというか、
日常の自分とリンクして、気づいてなかった自分に気づけました。

クリパルヨガってね、っていうさわりの部分に触れられたことで
クリパルヨガがもっと好きになりました!

● ワークショップに初めて参加しました。よかった点はたくさんありすぎて。。
まず、同じ場に集った方達との繋がりが感じられた事がうれしく、さらに言葉でシェアする事で自分自身が感じていても言葉にならない部分があったことに気付けたり、ペアになってする事で気付く事があったり、お二人のデモを見て、人のエネルギーを感じる事でも自分の中には様々な変化があるのだな。と自分にとっては新しい発見がたくさんあって、とても面白い!と思いました。

ワークショップに参加したことで更に「ヨガ」と「ありのままの自分」に対する関心が強くなり、続けていきたいと思いました。

● ちえさんと愛さんが同時に行なったセツバンダのホールドのデモのあとの余韻の時間。
2人の表情から純粋な愛と喜びがにじみ出ていて、見ていて鳥肌が立つくらい心が動かされました。
あの瞬間、クリパルヨガの本質を見たような感じでした。

 

image

参加してくれたみなさん、
そしてあいちゃんと杏子ちゃんへ、
心からの感謝を込めて。