Blog
Apr 13, 2017

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピストになりました!

 
はるばるアメリカより海を渡って届けられた認定書。
容赦なく折り曲げられてポストに入っていましたが。笑

と、いうわけで、600時間、1年以上の月日をかけて、
無事、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)公認セラピストとなりました!

 
本当に、心の底からなりたかったもの。
それは、私の目指す姿だった。

 
本物の自分自身であること、

クライアントと繫がること、

その人の持つ力を信頼すること、

そこで起きていることをよく見ていること。

そうしたら、何が必要かは自ずと見えてくる。

 
私の先生である、トシさん、ジャショダ、ブラーマニー(全員PRYTセラピストでもある)が、9年前のクリパルヨガ教師トレーニングの頃から何度も何度も何度も伝えてくれていたこと。

それは、つまり、自分の中の恐れを越えること。
腹が据わったな、って、我ながら思います。

かといって別にクリパルティーチャーやPRYTセラピストが
特段すごいわけでも偉いわけでもなんでもなく。

 
主役は「私」ではなく、「あなた」です。

私はただ、「あなた」が必要な気づきを自ら得るサポートができたらいいなと思っています。

その力は、すべての人の中に備わっている。

 
そしてそんな姿勢で私たち研修生を辛抱強くサポートしてくれたトシさん、
本当にありがとうございました。

感謝という言葉では言い尽くせないけれど、
ここからエッセンスを見失わずにセッションを重ねていくこと、
そして日本にPRYTを広めていくことで恩返ししようと思っています。

また、様々な場面でサポートしてくれた夫と両親にも、心からの感謝を。
(でも多分認定書見せても「へえ〜よかったね」ぐらいの反応しかないであろうあなたたちが大好きです。笑)

 
*日本における第2期PRYTトレーニングは今年の11月からスタートします。
興味のある方は日本のPRYTホームページより詳細をご覧ください>

 


 
★ 三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

Mar 28, 2017

【5/21】松村憲WS – 私だけの物語を歩く「内なる批判と向き合う7つのステップ」

毎年大好評の、松村憲さんによるワークショップを今年も開催します!

クリパルヨガ教師であり、認定プロセスワーカーであり、臨床心理士でもあるケンさんは、私がクリパルティーチャーになる前からクラスに通っていた、大好きな先生のひとりでもあります。
関東在住ですが、大阪の大学院に通っていたこともあり、関西にも馴染みがあります。

午前中の第1部では、ケンさんによる80分のクリパルヨガクラスを行ないます。
ケンさんのクラスは、たっぷりスペース(間)があり、探求する時間があり、無理をするのではなく主体的にチャレンジすることをサポートしてくれます。
ヨガ初心者の方も安心して参加できるクラスですよ。

特に、私のクリパルヨガしか受けたことのない人には、ぜひ色々なクリパルを体験してもらえたらと思っています。
その中で、新しい感覚や、変わらないエッセンスを感じてみてください。

午後の第2部は、「内なる批判」に光を当てていくワークショップです。
「批判」と聞くとあまり向き合いたくないものと思うかもしれませんが、このワークショップではそれをやさしく見つめ、自分の力としていきます。
もっと自分を好きになりたい人、自分を受け入れたい人に心からおすすめします。

少しでも気になった人は、ぜひ。
不安なことがあれば、いつでも質問してくださいね。

20160514_3

 

<第1部> クリパルヨガ | 10:00-11:20

中程度の運動量で行うクリパルヨガのクラスです。
ヨガがはじめての方から体験者まで、どなたでもご参加いただけます。

 

<第2部> 私だけの物語を歩く「内なる批判と向き合う7つのステップ」 | 13:00-17:30

ヨガや瞑想を続けるとそれまで悩んでいたことから解放され、自分が変われる自信を持つかもしれません。
それでも、悩みは尽きませんし、自分を疑う心が生じてくるかもしれません。

なぜでしょう?

一つの答えは、私たちが自分の心の中に「内なる批判」を持っているからです。
それは他者から、子どもの頃の体験からやってくるかもしれませんが、同時に私たちの心にも住んでいるものです。

普段は顔を出さないかもしれませんが、心の森には「内なる批判」が住んでいて、日々の私たちに影響を与えたり、瞑想中に心の声として現れるかもしれません。

このワークショップは「内なる批判」へのとてもユニークなアプローチです。
私たちに魂があると仮定するならば、「内なる批判」は私たちの物語に出てくる登場人物です。
多くの物語にはワルモノが出てくるからこそ面白く、彼らも大切な要素です。
そして、ここに光をあてることは私たちが自分自身となり、自らの物語を歩いていくヒントにもなるでしょう。

ワークショップでは、「内なる批判」を知り、その正体や秘密を明らかにします。
さらには彼らの力も借りながら、より自分らしいあり方を探求します。
物語は一人一人異なるユニークなものですが、きっとここから先の自己成長に確かな変化の兆しを見つけられるでしょう。

 

20160514_2

 
【日時】2017年5月21日(日)
<第1部> 10:00-11:20 クリパルヨガ
<第2部> 13:00-17:30 私だけの物語を歩く「内なる批判と向き合う7つのステップ」
*1部・2部通しての参加がおすすめですが、どちらか片方だけのご参加も可能です。

【場所】京都・誓願寺(新京極六角)アクセス
*本堂入口ではなく、寺務所側からお入りください。

【持ち物】
<第1部> ヨガマット、動きやすい服装、タオル、飲み物、靴を入れるビニール袋
*体温調節のできる上着やブランケット等もあると便利です。
*靴は各自で袋に入れてお持ちください。
*男女別の更衣室をご利用いただけます。

<第2部> 座りやすい服装、靴を入れるビニール袋
*靴は各自で袋に入れてお持ちください。
*男女別の更衣室をご利用いただけます。
*ランチタイムには更衣室(テーブルのある和室)での飲食も可能です。

【受講費】
<第1部> 3,500円 <第2部> 9,000円 両部合計12,500円

【対象】興味があればどなたでもご参加いただけます。

【指導】松村憲

o243236481426416201203

松村憲プロフィール

米国プロセスワーク研究所 ディプロマ取得
認定プロセスワーカー
プロセスワーク修士

大阪大学大学院(修士) 臨床心理士

一悟術ヒーラー

米国クリパルヨガ公認教師
日本プロセスワークセンター ファカルティ
日本トランスパーソナル学会 常任理事
プロセスワーク協会 常任理事

目黒に個人臨床オフィス、「インサイト・プラクシス」を開業。
プロセスワークによる個人、カップル、家族などのカウンセリング・コーチングを行っている。
治療すべき「病理」ではなく、症状というプロセスをサポートし、回復と成長のお手伝いをしている。
また、古神道に由来するエネルギーワークにより、バーストラウマやインナーチャイルドを解消するヒーリングのセッションを行っている。

大学では法律と国際政治を、大学院では臨床心理学を学び、
臨床心理士として多様な世代、人々と関わり、心の問題に取り組む。

身体・心理・スピリチュアリティ(霊性)の統合、また内的な側面の探求を、
外的な世界、社会へ、地球へ、生活へ・・・
いかに持って返ることができるのかに関心がある。

<ヨガ歴>
2003年アメリカ・マサチュセッツ州にある、クリパルヨガセンターにて、教師養成コースを終了。
米国クリパルヨガ公認教師。
〜現在まで、日本におけるクリパルヨガの拠点、下北沢のYoga of Life にて三浦徒志郎に師事しつつ、スタッフとしてクラスを教えている。

他に2012年より代々木にあるアンダーザライトヨガスクールにて、
「トラウマ・アプローチ・ヨガ(TAY)」講師を担当。マインドフルネスヨガを指導。

HP インサイト・プラクシス
Blog ヨガするカウンセラー Ken
翻訳書:アーノルド・ミンデル著『プロセスマインド:プロセスワークのホリスティック&多次元アプローチ』
著書:『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想 “今この瞬間” に心と身体をつなぐ』BABジャパン

51e8UD+BpAL

 

【主催/お申し込み】
鈴木千絵 yoga@suzukichie.com

*以下の内容を明記の上、メールまたはコンタクトフォームにてお申し込みください。
1)講座名(1部のみ/2部のみ/両部参加)
2)氏名
3)当日の連絡先となるお電話番号

● お申し込み受付後、予約確認メールをお送りしますので、1週間以内にご入金をお願いいたします。その段階で申し込み完了とさせていただきます。
● 携帯電話のメールをご使用の方は、yoga@suzukichie.comからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
● 通常2日以内に返信しております。3日経ってもメールが届かない場合は、受信拒否設定になっているか、迷惑フォルダに振り分けられている可能性があります。
● 開催1週間前の時点で最少催行人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただくことがありますので、ご了承ください。

【キャンセルについて】
ご予約をキャンセルされる際は、メールまたはコンタクトフォームにてご連絡ください。
なお、開催1週間前を過ぎてのキャンセルは返金できませんので、予めご了承ください。
それ以前のキャンセルにつきましては、振込手数料のご負担をお願いいたします。

ご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

私も当日は会場にいます。
一緒に参加する場面もあるかもしれません。
お会いできることを楽しみにしています!

*5/20(土) に、明石でも同内容のWSが開催されます。
こちらは主催者が明石在住のクリパルティーチャー六車今日子になります。
詳細はHPをご覧ください。
六車今日子HP Balance&Peace

*ケンさんのクラスを受けたときの私の体験をブログに書きました。
個人的なものですが、興味があれば読んでみてください。
ケンさんのクリパルヨガ >

 


 
★ 三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

Mar 27, 2017

クリパルヨガとマインドフルネス瞑想、始めの一歩。

昨日TAMISAで、ヨガと瞑想の特別クラスを行いました。

みんながどのくらい瞑想に興味があるのか未知の状態だったけれど、初めての方も含めたくさんの方にご参加いただき、この場を作って良かったと心から思い、改めて自分の本心にも気づくことができました。

これまでも瞑想を取り入れたクラスや瞑想会のようなものは自分の主催するクラスで何度か開催してきたけれど、TAMISAという大きな(開かれた)スタジオで行なうことは、私にとってちょっとしたチャレンジでした。

伝わるのか?
そもそもみんな興味ある?
最近いろんな人がマインドフルネス瞑想を伝えているし、私じゃなくてもいいんじゃない??

本当にやりたいことって、怖かったりします。
大事にしまっておけば、傷つかなくて済むし。

それだけ、私にとって大切なことだったのだなあと、今は思います。
また今後も、TAMISAや、それ以外の場でも少しずつ広げていきますね。

「マインドフルネス瞑想」は、近年Googleが社内研修に取り入れたり、NHKで特集されたりと、ちょっとした「流行り」の状態にあるようです。

マインドフルネスとは、今、ここで起きていること(感覚、感情、思考など、それが何であれ)に、何の判断もなく気づいていること。

クリパルヨガやフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)も、そのベースに「マインドフルであること」があるのですが、それは本来、決して特別なことではありません。

ものごとはすべて、あるがままが、あるだけ。
そこに判断や解釈が加わることで、本当に起きていることが見えにくくなってしまう。

「今、ここ」を大切にするヨガですら、何かを達成したり、獲得することに躍起になって、本来の目的を見失ってしまう。

そこからいったん離れて、あるがままに存在させてみる。
あるがままの自分でいることを許す。

クリパルヨガやPRYTでは、ポーズや教師(プラクティショナー)の言葉がけがそれをサポートしますが、座りの瞑想では、自分自身の意図が重要になっていきます。
(もちろん言葉によるサポートも多少は行ないます)

人によってはヨガよりも難しさを感じるかもしれませんが、その分とてもパワフルな実践になりますので、少しでも価値を見出した人は、ぜひ続けてみてくださいね。

 

マインドフルネス瞑想は、「今、ここ」に心を置く瞑想法です。
「今、ここ」ってどこだろう? と探さなくたって、気づいている意識はいつも、今ここにある。
まずは呼吸を錨(アンカー)として、一緒に実践していきましょう。

TAMISAでは、次回は4月30日(日) の開催です。
伏見クラスでは、もう少し長く時間をとって、毎月1回ヨガと瞑想クラスを行うことにしました。
クリパルヨガ・ジェントル(通常より運動量の少ないクラス)と、短いマインドフルネス瞑想を何度か行ないます。
4月の開催は19日(水) 14:00-16:00です。
*料金などは通常クラスと同じですが、チャイの時間はありません。

伏見クラス詳細はこちらから >
TAMISAでの特別クラス詳細はこちらから >

 

Mar 18, 2017

クリパルヨガとマインドフルネス瞑想 at 京都TAMISA

京都TAMISAにて、ヨガと瞑想のクラスを開催します。
ずっと以前からやりたいと思っていたことなので、とても嬉しいです。

私が瞑想と出会ったのは、じつはヨガよりも前のことでした。
友人に誘われ、都内で行なわれていたヴィパッサナーの瞑想会に参加したのが、
確か13〜4年ぐらい前。

その後インドでヨガを習い、同時に瞑想も習ったので自分なりに続けていたのですが、
この頃の私の瞑想へのイメージは、ただただ「難しい」の一言に尽きました。

なかなか集中できない自分に対しての自己批判が強すぎて、
やればやるほど疲れる、苦しくなる。

それから日本でクリパルヨガに出会い、
「あるがままの自分への意識を深め、
起きていることに対して何のジャッジもせずに、ただ気づいている」
というマインドフルなあり方を学ぶうちに、瞑想とはどこにもゴールがなく、
言わば一瞬一瞬がゴールなのだと理解しました。

集中できたら成功で、集中できなかったら修行が足りない、
と思っていたのが、そういうことではないのだと分かってきたんです。

そこからは、瞑想することで心の荷物を下ろすことができ、
開放感を感じるようになっていきました。

瞑想を通して私が伝えたいことは(クリパルヨガもですが)、
集中して無になることではなく、リラックすることでもなく、
「そのままの自分でいいのだ」ということです。

あるがままの自分でいいのだということ。
(本来は良いも悪いもなく、「あるがままがある」だけだということ。)

集中できない自分、思考が浮かび、それじゃダメだとそれをかき消そうとしたり、
周囲の音、肩のこわばり、つま先の冷たさ、、、等々。

それらすべてが、あるがまま、起きていること。
そのままでOKなんです。

ただ、いきなりそのままで何もしないのはなかなか難しいので、
まずは呼吸に意識を向けることから始めます。

このクラスではヨガの時間もたっぷりとり、「あるがままに気づいていること」
「心を今ここに置くこと」を、ポーズの中でも体験していきます。

ヨガは通常のクリパルヨガよりも運動量の少ない「クリパルヨガ・ジェントル」。
マインドフルネス瞑想を行なうことでヨガの体験も深まっていくので、
瞑想はよくわからないけどクリパルヨガは好き、という方も、ぜひご参加ください。

 

Yoga & Meditation – クリパルヨガとマインドフルネス瞑想

短いマインドフルネス瞑想を数回行い、「いま・ここ」への気づきを取り戻します。
マインドフルな状態を保ちながら穏やかなヨガ(クリパルヨガ・ジェントル)の実践を行い、
あるがままの自分への慈悲の心を育みましょう。

<こんな人におすすめです>
・つい頑張り過ぎてしまう人
・リラックスするのが難しい人
・いつも疲れている人
・感情のコントロールが難しいと感じる人
・心を静めたい人
・あるがままの自分にOKを出したい人
・マインドフルネス瞑想に興味がある人

瞑想は難しいものではなく、私たちの本来のあり方です。
丁寧に指導しますので、ヨガや瞑想の経験がなくても大丈夫です。
ご参加、お待ちしています◎

*通常クラスと同様にご参加いただけます。
お申し込みはTAMISAまでお願いいたします。
Yoga studio TAMISA ホームページ >

 

Mar 7, 2017

不安なときには。

 
こうなったらどうしよう、
ああなったらどうしよう、
って不安なときには

一体どうなるのだろう?
なにを体験させられるのだろう?

という視点に切り替えてみる。

 
人生をコントロールしようとするよりも、
この人生は私に何を見せようとしているのだろう?と、

起きてくることを見ていること。
人生の流れに身をゆだねること。

 
なんでも来い、
と腹をくくれたならば、
それが最強。

 
(より良くあろうとしないということではない。それは自然な欲求。
結果は「私」にはコントロールできない、ということ。神のみぞ知る。)

 

Posted in Blog, 思うこと

 

Feb 22, 2017

ここにあるもの

いつかこうなったらいいなっていう
夢やビジョンがあって、

そこに向かって試行錯誤することは
とても楽しくて

だけど気がつけば

「こうなったら幸せで、
いまはまだそうじゃない」

って、今を否定して、
いつか、いつかと
終わりのないゲームにまた巻き込まれてしまう。

いつかこうなったらいいなっていう
夢やビジョンはあってよくて

だけど
「それが達成できたら幸せになれる」
っていうのは、同時に
「それがない今は不幸」を作りだしてしまう。

それが達成できたらもちろん嬉しいのだろうけれど
そこに目を向けすぎてしまうと、
「今はまだ無い」
「まだ足りない」
って、不足にばかり目がいってしまう。

今、すでにあるものにも目を向けること。

今、ここにあるものにも目を向けること。

「いつか」も、「ない」も、私たちの心が勝手に作り出しているもの。真実ではない。

それはちょうどコップに半分入った水を見て
「半分しかない」と嘆いているようなもの。

「半分もある」と無理に喜ぶ必要もなくて、
真実は「コップに水が半分入っている」
ただそれだけ。

今あるのはこれなんだ。
認めるだけでいい。

Posted in Blog, 思うこと

 

1 2 3 4 5 6 7 8 20