Blog
Dec 9, 2016

ひとくぎり。

img_9263

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)トレーニングLevel3の
すべてのプラクティス・セッションを終えて、
すべての課題レポート等を提出し終え、ひとまず肩の荷がどっと下りました。

ふ〜〜〜、丸1年、ほんっっっっっと、大変だった。笑

だけどその大変さは私にとって、「辛い」とか「苦しい」とかっていう種類の大変さではなくて、
(いや時にそう感じたこともあったかもしれないけれど笑)、充実感を伴うものだった。
まさに1年間、エッジに居続けたのだな〜

今回、トレーニングを通して何度も何度も自分の心の癖と向き合った。

はじめはそれこそ「アイタタタ…」っていう感じであまり見たくないものもあったのだけれど、
メンターの「間違いを正すのではなく、何が起きているのかに気づいていくことをサポートする」
という徹底した姿勢のお陰もあって、そんな自分を否定せずに、冷静に受け止めて、
じゃあ何ができるのか?っていうところに意識を持っていくことができた。

それはちょうど、押し入れの奥深く見えないところにしまってとうの昔に忘れ去られていた物を
懐中電灯を照らして見つけ出していく作業のようで、
発見したときは埃かぶってるし嫌だなあ見たくないなあって思うんだけど、
それを丁寧に拭いてあげると気持ちもさっぱりして、
じゃあこれをどうしようか?もういらないなら捨てようか?
もうちょっと置いておこうか?って選択していくことに似ています。

成長って、何かを付け足すことじゃなく、そうやって自分を知っていくこと。
PRYTのセッションも、クリパルヨガも
(そしてPRYTプラクティショナーのトレーニングもクリパル教師トレーニングも)、
やっていることはおんなじです。
それが人として成長していくこと(=成熟さ)なのだと思います。

この1年で、私は私をますます愛せるようになったなあ。
同時に、奥深い自己否定がまだまだあることにも気づかされた。

でも、それでいい。
そのままでいいんだって思います。

そして「他者との繫がり」というものともとことん向き合い続けた日々でした。

それは私がクリパルやPRYTを愛する理由のひとつでもあって、
目の前の人が誰でどういう人だとかそんなこと関係なしに、
私たちは繫がることができるんだ、っていうこと。
それは、無条件の愛。

この1年、なかなかヨガクラスの方に意識が向きにくく、
生徒さんには申し訳なかったなと思っています。

だけどその分、1クラス1クラス、私自身がその場にしっかりと存在して、
一人ひとりの生徒と繫がろうという意図だけは忘れなかった。

結局そこが一番大切なのだということも、再確認されられました。
(同時に、これまでも意識してやってるつもりで出来ていなかったことにも気づかされた)

トレーニングの課題提出はひとまず終わったけれど、
メンターに見てもらって、場合によっては再提出などの可能性もあるため、
(場合によっては認定自体が延びることも)
フェニックス・ライジング・ヨガセラピストとして一人前になるのはもう少し先。

なのだけど、自分の中でひとまずの区切りがついたこと、その開放感に今は浸っています。

そしてここから、いよいよ明日オープン!の
Kripalu Westの方にも意識をシフトさせていきたいと思います。
 

 

Nov 14, 2016

大阪中崎町に Kripalu West がオープンします!!

img_9179

「関西で、色々なクリパルヨガを受けられる場所があったらいいな」
「自分たちの、そしてみんなの”ホーム”となる場があったらいいな」

そんな思いを共有する仲間が集まって、
中崎町に小さなヨガスタジオをつくりました。

まずは毎週土曜日のみの開催ですが、
少しずつクラスを増やしていけたらと考えています。

12/10(土)にオープンイベントを開催しますので、ぜひぜひ、ご参加ください!

★Kripalu Westホームページはこちらから。
★オープンイベントの詳細はこちらからご覧いただけます。

*Kripalu Westのクラスお申し込みは予約システムからのみの受付となっています。
私のHPのコンタクトフォームやメール等からはお申し込みいただけませんので、ご注意ください。

Posted in Blog

 

Nov 5, 2016

Jashoda & Brahmaniの研修リトリートあとがき

img_9236

クリパルヨガ教師向けの研修リトリート(合宿)に参加してきました。

今回の講師は、ちょうど8年前の2008年秋に私がクリパルヨガ教師トレーニング(YTT)を
受講したときにディレクターとして来日してくれたジャショダとブラーマニー。

彼女達はシニアティーチャーと言われる、クリパルセンターを代表するベテランのヨガ教師です。

私は日本で開催されたYTTの二期生で、ジャショダとブラーマニーと
トシさん(日本におけるクリパルヨガの第一人者、三浦徒志郎先生)の
3人がディレクターという、なんとも贅沢な期でした。

私は、トシさんのようになりたかった。
そして、ジャショダやブラーマニーのようになりたかった。

私が今フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)のトレーニングを受けているのも、
3人共がPRYTのプラクティショナーであるということが、ひとつの大きな要因です。

リトリートの最終日、ジャショダとブラーマニーに
「あなたたちのようになりたかった」と伝えると、
「自分自身でいなさい」と言われてしまった。

うん。
私でいます。

その上で、あなたたちの在り方は、
私の可能性であり、私のヴィジョンだと感じます。

なんかね、飄々(ひょうひょう)としているんですよね。
すっごい人間らしいし。
そして安定していて力強く、情熱的で、愛に溢れてる。

なにより、超ベテランティーチャーである2人が
長年チームティーチングしているという事実が、私は嬉しいのです。

ひとりでは、見えないものがある。
見過ごしてしまうものがある。

人は、人との関わりの中で、より自分を知ることができ、より自由になっていくのだと思います。

それが、かつて人との関わりが苦手だった私が、クリパルヨガを愛する理由、なのです。

*写真は、ジャショダ&ブラーマニーと、今回参加した同期の仲間達。
8年前のYTTが何度も思い起こされた3日間でした。

 

Oct 15, 2016

フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのミッドターム終了!

20160927_2

1年(計600時間)にも及ぶフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)の
セラピストトレーニングですが、残すところあと2ヶ月弱。

9月末に6日間のミッドタームがあり、東京に滞在していました。
(というか、実家に帰っていました)

実はそれまで、この長いトレーニングに息切れしかけていました。

ヨガのレギュラークラスと、一応主婦なので家事と(あんまりちゃんとやってないけど)、
トレーニング課題でもあるセッションと、
そしてセッションレポートに課題図書レポートにヨガや瞑想の実践課題等々…

もちろん大変さ以上に得るものがあるのでこの日々が嫌なわけでは全くないのだけれど、
でも、正直ちょっと、疲れていた。

そんななか行なわれたミッドタームで、残り2ヶ月を乗り切るパワーをもらってきました。

20160927_1

いろんなことがあり過ぎて全部はとても書ききれないけれど、
一番のハイライトは、「私は私のままでいい」って腑に落ちたこと。

私は時々人に気を使い過ぎてしまう傾向があって、
それはクリパルに出会ってから随分軽減されてきたのだけれど、
このトレーニングではそんな自分の癖がありありと表面化されて、
何度も何度も繰り返し向き合っていくことになるんです。

だけど今回のラーニングセッションでは、ともかくクライアントに寄り添おう、
そしてクライアントの持っている力を信じよう、と意図した。

私が気を使ってどうこうしようとするってことは、その人の力を信じていないということ。
クライアントを過剰にケアしたり、アドバイスしようとすることは、
その人を弱い存在や劣っている存在だとみなし、コントロールしようとしているのと同じこと。

そして、そのコントロール欲求の根底には自信のなさや居心地の悪さがあって、
とどのつまりは自己保身なのだ。

今回、そんな自分の癖が出たところもあったけれど、それ以外については、
「やわらかくて優しい、クライアントを包み込む存在感があった」とメンターに言われ、
「ああ、もう私にできることなんて何もないんだな」って、エゴが降参した。

私がマインドであれこれ考えてクライアントをケアしようとしたところで逆効果なだけで(しかも動機は自己保身だし)、私の存在そのものがサポートになるのであれば、私が私でいることを、自分の存在そのものをもっと信じよう、って思わされた。

img_9204
(愛すべき猫たち。ニャー!)

ミッドタームにおける私の意図(得たいもの)は、
「本当の意味での人との繫がり」でした。

そしてこれからの私のチャレンジは、
「すべての人の中に光を見つける」こと。

私たちは、その人が誰であれ、どんな人であれ、ハートで繫がることができる。
すべての人は本質的に素晴らしく、そこに、理由なんかいらない。

img_9205
(じゃれあう猫たち。オフショットです)

さあ、もうひとふんばり。
なんとか予定通り12/2に修了できるよう、残りの期間も頑張っていきます。

★PRYTセッションの詳細はこちらをご覧ください

 

Oct 9, 2016

空クラス終了と新たな始まりのお知らせ

image

2016年11月をもって、空クラスをクローズとすることになりました。

あの場所は私が京都ではじめてクリパルヨガのクラスをスタートさせた、
とても思い入れのある場所。

後ろ髪を引かれる思いもありますが、今後は、
仲間と共に新たな場に力を注いでいきたいと思っています。

これまでご参加いただいて、本当に本当にありがとうございました。

クリパルヨガは、コミュニティであること。
個々を尊重しながらも繫がりあえる、
そんな”場”、そして”輪”を作りたいという思いに正直に、
ここからまたはじめていきます。

詳細はまた後日アップしますが、12月から大阪中崎町で、土曜日11:00のクラスを開催します。
12/10(土)にオープンイベントを開催予定ですので、ぜひ、空けておいてください。

img_9178
こんな仲間達と何やらはじめます!

また、現在行なっているその他のレギュラークラスは以下の通りです。
● 伏見クラス(京都伏見)・・・水曜または木曜 14:00-15:30
● TAMISA(京都三条)・・・日曜 12:30-13:50
● Nadi(京都北山)・・・火曜 13:00-14:15
● Studio Green(大阪天王寺)・・・金曜 18:40-19:50

どれも都合が合わないという方は、全国のクリパル教師一覧から他のクリパルヨガ教師に問い合わせてみるのもおすすめです。

*スタンプカードをお持ちの方へ
カードは空クラス・伏見クラス共通ですが、伏見クラスへの参加が難しい方は、
現在たまっているポイント分還元しますので、カード持参の上ご参加くださいね◎

10月・11月の空クラスのスケジュールはこちらから。
残すところあと3クラスですが、みなさまのご参加をお待ちしています!

Posted in Blog

 

Aug 29, 2016

【1/21・28】内なる可能性を広げよう〜クリパルヨガのプレスポイント in 大阪 開催!

img_9174

自分の可能性を、もっと広げてみませんか?

2017年1月21日(土)・28日(土)の2日間、クリパルヨガの ”プレスポイント” というツールを体験していく集中コースを開催します。

プレスポイントを理解することで、体の有機的な繋がりを感じながら、無理なく最大限にポーズを深めることができるようになります。

クリパルヨガでは、マットの上での自分の「あり方」と、日常での「あり方」はリンクしていると考えます。

マットの上で自分の可能性を最大限発揮する方法を学ぶことは、日常での自分のあり方を見つめ、本来持つ力を発揮させていくためのヒントともなるでしょう。

ヨガ初心者から体験者まで、興味があればどなたでもご参加いただけます。
ご参加、お待ちしています!

 
< こんな人におすすめです >
・ポーズが合っているか不安になる
・ヨガをしていても集中できない
・ポーズを頑張りすぎて体に負担をかけてしまう
・ひとりでヨガの練習ができるようになりたい
・ポーズの基礎を学びたい/基本を確認したい
・自分の可能性を広げたい
・クリパルヨガのエッセンスを体験したい
・クリパルヨガ教師トレーニング受講の準備をしたい

image

 

2days集中コース
内なる可能性を広げよう〜クリパルヨガのプレスポイント

 
【日時】
2017年1月21日(土)・28日(土) 14:30-17:30(計6h)
*2日間を通して体験を積み上げていく集中コースですので、
両日とも参加可能な方のみお申込ください

【場所】
Kripalu West yoga studio(大阪中崎町)HP
*中崎町駅より徒歩2分程です。詳しいアクセスはKripalu WestのHPをご覧ください。

【持ち物】
ヨガマット、動きやすい服装、飲み物、筆記用具
*靴下や上着等、体温調節しやすい服装をご用意ください

【受講費】
11,000円/早期割引10,000円(12月末迄のお申込)

【指導】
鈴木千絵・丸橋愛(共にクリパル・ジャパン主催ワークショップの指導法修了)

【対象】
ヨガ初心者〜体験者

 

教師プロフィール

chie_220
鈴木千絵
SUZUKICHIE YOGA & THERAPY主宰
米国クリパルセンター公認ヨガ教師
ウーマンズヨガ教師
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング研修生

東京出身。20代前半から東南アジア各国を旅する。
同時期に心身のバランスを崩しはじめ、抑鬱状態に陥る。
数年の療養生活で幾分症状が緩和されてきたころ、昔から心惹かれていたインドへ1人旅をする。
インドの不思議な魅力に取り付かれ、渡印を重ねるなかで、ヨガと出会う。
ヨガで得られる心の静けさに魅了され、北インドはリシケシやバラナシで伝統的なハタヨガや瞑想を学ぶ。
その後、地元東京で三浦徒志郎の指導するクリパルヨガと出会う。
湧き起こるネガティブな気持ちさえも否定をせず、あるがままを見つめていくクリパルヨガの練習を続けるうちに、このままの自分でいいのだと心底思え、生きることが楽になる。
2008年にクリパルヨガ教師トレーニングを受講。翌2009年、結婚のため京都へ移住。
現在、京都と大阪を中心に、自身の体験をシェアすべく活動している。

HP:SUZUKICHIE WEBSITE

 
IMG_2808
丸橋愛
米国クリパルセンター公認ヨガ教師
ジャニス・クレアフィールドのマタニティヨガTT修了
日本ホリスティックヘルスケア協会認定月経血コントロールヨガ講師

京都出身の夏生まれ。
生まれた時からアトピーに悩み食べ物など制限が多いなかでも両親の意向で自由・自然保育でマイペースな子供時代を過ごす。
10代前半の頃より人との関わり方や自分との向きあい方に悩み、心身のバランスを崩す。
2004年 子供の頃から好きだった本にかこまれながらの仕事をスタートさせる。
2009年 友人の勧めでホットヨガをはじめる。
2009年冬 自分に合ったヨガを探しているなかで偶然手にとったチラシに惹かれるものがあり勇気をだしてクラスに参加したのがクリパルヨガとの出会い。
自由でありながらも安定し 深い 安心感をクラスの中で感じ京都でクリパルヨガに通いはじめる。

過去でも未来でもない「今ここ」の気づきを大切にし「あるがままの自分をただそのまま受け入れる」このクリパルヨガの考えに強く惹かれ、深く学びたいと思うようになる。
2011年に米国クリパルセンター公認ヨガ教師として認定を受ける。

現在は、本に関わる仕事を続けながら平日の夜・土日に場所を借りてのクラスや、プライベートレッスンをのんびりとしたペースですが京都で行っています。
また、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)の最終トレーニングであるLevel3の研修生です。

Blog:yogaを紡ぐ日々

 

お申し込み方法

鈴木千絵 または 丸橋愛まで
以下の内容を明記の上、お申し込みください。
1)講座名「内なる可能性を広げよう〜クリパルヨガのプレスポイント」
2)お名前
3)当日の連絡先となるお電話番号

● 事前のお支払いをお願いいたします。お申し込み受付後、予約確認メールをお送りしますので、1週間以内にご入金ください。
● 通常2日以内に返信しております。3日経ってもメールが届かない場合は、受信拒否設定になっていないか/迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認の上、再度ご連絡ください。
● 最少催行人数に満たない場合は、開催をキャンセルさせていただくことがありますので、ご了承ください。

 

予約のキャンセルについて

キャンセル料はいただいておりません。分かり次第お早めにご連絡ください。
*返金の際の振込手数料はご負担ください
*開催1週間前からのキャンセルは極力お控えください

 

1 2 3 4 5 6 7 8 18