Blog
Jul 24, 2017

ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間:: in 和歌山 あとがき

和歌浦での1泊2日のウーマンズヨガ・リトリート、終了しました!

2日間とも天候にも恵まれ、たっぷり夏を満喫してきましたよ。

望むと望まざるとにかかわらず、女性としての体や特性を持っている私たち。

私は元々女性としての役割には然程こだわりがない方で、
女性であることよりも、人間であることや、
自然の一部であるということの方に興味があって、
女性らしくあることだけが良いとも思いません。

けれど、そうは言ってもホルモンのバランスに浮き沈みしたり、
どこかで妻という役割をちゃんとやらなくちゃという観念があったり、
やっぱりこの「女性であること」って、見どころたくさんだなって思うのです。
(もちろん、男性も!)


*クリパルヨガの「女神のポーズ」

母や妻、娘やお姉ちゃん、妹といった役割的なものや、
妊娠や出産、月経や更年期などの、体にまつわること。

経験していてもしていなくても、女性の人生にまとわりついてくるそれらの事柄。

私たちが提供しているウーマンズヨガでは、
体のバランスを整えたり、日常から離れてリラックスしたりといったこと以上に、
女性性を通して「自分を知る」ということを大切にしています。

あるがままの自分を知るということ。

春夏秋冬という4つの季節のサイクルをベースに、
人生のサイクル、ホルモンのサイクル、感情のサイクルなど、
自分が今どういうところに居るのかを見つめていきます。

そして変えられないものを無理に変えようとせずに、
今起きている現実としっかりと向かい合ってみる。
充分に味わってみる。

悲しいときはちゃんと悲しんでいい、
腹が立つときには怒りを感じたっていい。

それが、自分を愛し、受け入れるということであり、
必要な癒しや洞察は、そこから生まれていきます。

季節が移り変わるように、物事は変化していく。

暑かったり寒かったり

晴れたり雨が降ったり

泣いたり笑ったり。

そんな色々があるからこそ、人生は豊かなのだと思います。

参加してくれたみなさんへ、
このリトリートでの体験を日常に生かすためには色々なことができると思うけれど

自分が今どの季節にいるのかを知り、それを味わって、
そしてどう変化していくのか、またはいかないのかを見てみる、

ということも、時々思い出してみてくださいね。


みんなありがとう!

それから、ウーマンズヨガに興味を持った方へ。
またきっとやりたいねとスタッフ一同で熱く語り合いましたので、
次の開催をどうぞお楽しみに!

一緒にティーチングしたまきこさん(写真左)、
たくさんのサポートをしてくれたひろえさん(写真右)も、本当にありがとう♡

*参加者のみなさんには、リトリート中の写真をアップしたオンラインアルバムのURLをメールでお送りしています。
届いてないよ!という方がいたら、ご一報くださいね。

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

Jun 29, 2017

ケンさんのクリパルヨガ&内なる批判と向き合うWSあとがき

 
すっかり時間が経ってしまいましたが、
京都誓願寺での松村憲さんによるワークショップ、終了しました!

朝、誓願寺に到着して、だれもいないがらんとした講堂の大広間に行くと
やわらかい光が降り注いでいて、神聖な空間をひとり静かに味わいました。

第1部のヨガの時間では、今回はヨガ経験者が多かったこともあり、
少しエネルギッシュなフローで動いていくクラスでした。

ぐっと自分の中に意識が向き、奥深くが揺さぶられ、感情が動く。
起こることすべてはそのままでいいのだと改めて感じた時間でした。

参加者のみなさんも、色々な体験があったようです。
第1部、第2部と通しで参加された方には、
自分を見つめていくのにちょうどいい準備となったのではないでしょうか。

 

 
午後は、マインドフルネスとプロセスワークを合わせた
「私だけの物語を歩く『内なる批判と向き合う7つのステップ』」でした。

内なる批判者に光を当てて統合させていくこのワーク、私は大好きです。
敵だと思っていたものは、実は味方であり、更に言うと、すべては ”自分” なんですよね。

味方の方にもフォーカスしていきましたが、私の体験では、
予想していた優しく慈愛に満ちた人物とは大きくかけ離れ、
「ばっかじゃないの!」と叱咤激励されるというもので、思わず苦笑してしまいました。

だけど、今の私に必要だなあと、とてもとてもしっくりきて、
今でも時々そのときのノートを見返し、パワーをもらっています。

 

 
ケンさん、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
(集合写真が第2部のものしかなくてすみません)

こうやって関西にケンさんが来てくれて、クリパルティーチャーや、生徒さんや、
何かピンとくるものがあって足を運んでくださった方々が集まってひとつの場を共有するって、
本当にありがたく幸せで、同時にすごく不思議なことだなと感じました。

よく知っている人、はじめて会った人、さまざまな人が入り交じり、
目と目を合わせて、ハートから繫がろうとするということ。

私たちはどうしても「この人は敵か、味方か?」みたいな見方をしてしまいがちだけれど、
いろんな思い込みを外してみれば、その人が誰でどういう人かなんて関係なく、
ハートから繫がることができるんだ。

私がやりたいことはそういうことで、
そんな不思議が、いつしか当たり前になったらいいなと思います。

 
 
★Information★
【7/15-16】三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート開催!
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

Jun 14, 2017

自分自身との繫がりを取り戻すために

 

いつもの

しなくてはいけないことだとか

考えなくてはいけないことだとか

 

気になるあれやこれやは

ほんのひととき

横に置いて

 

自分との繫がりを取り戻す

そんな時間を

一緒に過ごしませんか?

 

自分が感じていることを

ことばにしたり

 

それを

うん、うん、って

ただ聞いてもらったり

 

土の匂いのなかを歩いたり

波の音を聞いたり

大きな大きな空を眺めたり

子どものように遊んだり。

 

人と一緒にいながらも

リラックスして

自分らしくいられる

 

そんなあり方ができたなら、

きっと毎日は

もう少し豊かになる。

 

この夏、和歌山の海のすぐそばで

女性のためのヨガ・リトリートを開催します。

 

自分自身との繫がりを取り戻し、

「女性である」ということ

自分の意志だけではどうにもならない

変化し続けるこの身体を持っているということ

この心を持っているということを

 

やさしく

見つめていきます。

 

1泊2日、女性限定
ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間::
詳細はこちらから >

 

May 6, 2017

わたしの存在価値


 

何かを成し遂げなければ

ひとかどの人間にならなければ

自分に価値はないって、ずっと信じていた。

 

いま 手にしているもの

すべて失ってもかまわない

 

荷物ひとつで

旅をしていたときのように

 

なにも持たない、

何者でもない、

ただの、わたし。

 

明日もなく

昨日もなくって

 

呼吸をしている

空を見ている

ただ生きている

ここに 存在している

それだけでいい。

 


 
★ 三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

Posted in Blog, 思うこと

 

Apr 27, 2017

探求の終わりに。(あるいは、始まりに。)

 
何かを得ることや

達成すること

誰かに認められること

すごいって言われること

そんなものの先に

幸せなんてない

 
それは

いつまでたっても辿り着かない蜃気楼のようなもので

つかみ取ったと思った途端に、

消えてなくなる。

 
もっと、もっと、と求める

その乾きに気づくことはできるか?

 
自分の中にぽっかりと空いた

深い深い穴に気づくことはできるか?

 
それは外側の何かで埋めることなどできなくて

 
何もいらないと

すべてを手放したときに

その渇望が夢だったことに気づく。

すべてはここにあったことに気づく。

 


 
★ 三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

Posted in Blog, 思うこと

 

Apr 21, 2017

ケンさんのクリパルヨガ

ヨガの研修で、東京に来ています。
(っていうか実家に帰ってます)

図らずも明日はオーガニックライフTOKYOというヨガイベントでまきこさんのクラスのアシストに入らせてもらうことになり、ヨガ三昧の日々。

そういえば前回の帰省時は夫と一緒だったのだけど、そのときも相変わらずクリパルヨガスタジオYoga of Lifeに入り浸っていました。

特に前回は、5月に京都でのワークショップをお願いしている松村憲さんの、Yoga of Lifeでのレギュラークラスを受ける(私にとっては)最後のチャンスだったのです。
*上の写真は、ケンさんの瞑想会に参加したときのものです

ケンさんは多忙のため3月でレギュラークラスから離れ、今後はワークショップやトレーニングなどでクリパルと関わっていくそうです。

私にとっては、クリパルティーチャーになる前から生徒として通っていたクラスだったので、色々と思い出深く。

その頃スタジオは現在の下北沢ではなく、渋谷駅近くの雑居ビルのなかにあって、私はよくケンさんの夜のクラスを受けに行っていて、瞑想のことなどいつも質問していました。

当時はまだ精神科クリニックに通っていたので、ケンさんが臨床心理士であったことも、私を安心させたのだと思います。

そして、独特のゆるさ、”素”な感じは、正解を気にし過ぎる傾向のある私に、いつも気づきを与えてくれました。

前回の、私にとってのラストクラスも、自分のあり方がよく見えた時間でした。

私は自宅でヨガの練習をするときなどはのびのび自由にできるのだけど、人のクラスを受けているときは、慎重になりすぎて、自分の持つ力を発揮できず、ほどほどの所で終わってしまうことがよくあります。

自分を監視している感じ。
ミスなく、ぬかりなく、間違えないように、失敗しないように。

で、このときはもういい加減そんなあり方手放したいなという思いが湧いてきて、また、ケンさんのゆるさも手伝って、少しチャレンジングなポーズのときに、足元が安定しきっていないことには気づいていたけど、先に進んでみた。

私の中のエネルギーが、もっと行きたい、もっと行けるだろ、細かいこと気にするな、って、私を運ぼうとしているように感じた。

そんなとき、ケンさんがそっと足元に手を触れてアシストしてくれて、ああ、大丈夫だ、って心底安心した。

これ以上ミスなくぬかりなくやろうとしなくたって大丈夫なんだ。
充分そうしているし、それでも足りなければ、きっと誰かがサポートしてくれる。

仮にサポートがなくったって、倒れはしない。
そこまで無茶はしないじゃん、いつだって。

そんなことは気にせずに、自分の中の力(エネルギーの方向)を信頼して、思うまま進めばいいんだ。

そんな気づきのあった、大切なラストクラスでした。
ケンさん、ありがとう。

 
ヨガで体験することは人それぞれで、気づくことも人それぞれです。

ただひとつ言えることは、マットの上でのあり方は、日常でのあり方と無関係ではない、ということ。

そんなことを心の片隅に置いておくと、クリパルヨガの体験はきっと、より深いものとなります。

そして今や貴重となったケンさんのクリパルヨガクラスですが、5/21(日)に京都で受けられますよ!

この日は80分のクラスと、後半には自分の中の批判者との付き合い方を学ぶワークショップを行います。

ピンときた方はぜひ。
どちらもとてもおすすめです。

★ 松村憲さんによるクリパルヨガ & 私だけの物語を歩く「内なる批判と向き合う7つのステップ」
詳細・お申し込み方法はこちらをご覧ください >

 


 
★ 三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッション受付中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 21