Blog
Sep 22, 2017

第1回マインドフルネス瞑想会の裏話

先日行なった第1回マインドフルネス瞑想会。

裏話になるけれど、今回、「やりたいことを自由にやろう」というテーマでティーチングをしていました。

というのも、クリパルのツールは本当に素晴らしいのだけど、ワークショップなどだと特に、どこかでそれに(勝手に)縛られてしまい、自分の中から出てくる直感と繋がり切れない自分を感じていて。

こういったティーチングって、ある種の自己表現だなと感じます。
正確には、”自己” を超えた、それこそ直感的なものと繋がり、それをそのまま言葉として表現したり、それに従ってクラスやワークショップの流れを調整したりするのですが、クリパルヨガでは、そういった直感を大切にしながらも、同時に意図に沿ったツール(技術)を使うんですね。

これが、なかなか、難しい。
「こうすべき」っていう明確なフォーマットがあって、それをなぞるだけなら簡単なのだけど、そういうものでもなくて。

もしくは、完全に自由にやる、というのも自己流なのだから難しいも何もないのだろうけど、そうやって伝わることには限界があることも充分に理解していて。

だけど、今回は、敢えて完全に自分の直感だけを信じて自由にやってみようと思った。
だからクリパルヨガの名前を前面に出さなかったんです。

私は、自由に、のびのびとやるんだー!って、臨んだ瞑想会。
準備も、語弊があるかもしれないけれど「適当」にして。

いざ、蓋を開けてみたら、我ながら見事にクリパルのワークショップでした。

自分で言うのもアレですけれど、今までのワークショップで一番良かった。笑

私にとってクリパルの看板はいつまで経っても大きくて、関西にできるだけ正しくクリパルを伝えたいという使命のような思いもあって、それは心からの望みではあるのだけれど、「ちゃんとやらなきゃ」という思いについつい飲み込まれてしまいそうになる。

今回それを完全に横に置いてみたら、私の中から出てきたものは、ことごとくクリパルのツールでした。

これまで、どこかで「こうしないといけないから」やっていた感が拭えなかったのだけれど、本当に素晴らしいツールだったのだと、そしてそれは自分の中にしっかりと染み込んでいたのだということにも、改めて気づかされました。

反抗期の娘が、親の言うことの正しさにやっと気がついた、みたいな。笑

そうして、結局その大元にあるものは、
「どこか、自分以外のところに正解があるような気がしてしまう」という根深い思い込み。

ティーチングする上で、これまでに何度も何度も直面してきた思い込み。

これに抗うことは、とても怖くて、真っ暗闇の中にひとり放り出されるような心細さを感じる。

だけど。
ほんっと、コレもういらないや私。

ここからは、もっと自分の足で立っていけそうです。
私が、やりたいからやる。
そんな主体性は、強いグラウンディングへと繋がっていくような気がします。

さて、そんなクリパルヨガですが、明日から新たなトレーニングに参加します。
現在200時間のトレーニングを修了していて、ここから数年、4回に分けて300時間のトレーニングを受講する予定です。

最初のモジュールは『瞑想とアドバンスアーサナ』。

次回の瞑想会はトレーニング後なので、少し変わる部分があるかもしれないし変わらないかもしれませんが、どんなふうになるのか自分でも楽しみです。

ちなみにクリパルの考え方には、ここまで書いたような「"正しい"とされるやり方に囚われすぎない」といったことも含まれているので、やっぱりクリパルって素晴らしいなあとつくづく思うのでした。

*次回の瞑想会の詳細はこちらから >
テーマは「自己受容」です!

*トレーニング受講のため、9/20(水)〜10/1
(日) の間のすべてのクラスは休講となります。ご注意ください。

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッション受付中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

Sep 16, 2017

10月のマインドフルネス瞑想会 テーマは「自己受容」

第1回マインドフルネス瞑想会が終了しました。
思いのほか多くの方にご参加いただけました。

会場はいつもお世話になっている誓願寺。
いるだけで心静まるような空間です。

呼吸瞑想、歩行瞑想、ボディスキャン、そしてマインドフルなヨガ。
シェアリングやジャーナリングの時間もとり、ヨガと瞑想、そして日常生活との繋がりを少しでも感じてもらえたらという意図で行いました。


ご参加いただき、ありがとうございました!

今後もその意図は含んでいると思いますが、フォーカスをわかりやすくするため、毎回違ったテーマで行えたらと思っています。

次回の瞑想会は10/28(土)、テーマは「自己受容」です。

自分を受け入れることと瞑想とは一見関係のないことのように思えるかもしれませんが、私にとってはほぼ同義語で、そのために瞑想をしていると言っても過言ではありません。

そういったことに興味のある方は、ぜひご参加ください。
瞑想やヨガの経験がなくても大丈夫です。

*マインドフルネス瞑想については、第1回目の瞑想会案内に少し詳しく書いているので、よければこちらからご一読ください。

 

10月のマインドフルネス瞑想会 テーマ:自己受容

【日時】2017年10月28日(土) 10:00-13:00(開場9:30)

【場所】京都誓願寺(新京極六角)アクセス
*本堂入口ではなく、寺務所側からお入りください。

【持ち物】
ヨガマットまたはバスタオル、動きやすい服装、飲み物、ノートとペン、靴を入れるビニール袋
*更衣室をご利用いただけます。
*靴は各自で袋に入れてお持ちください。

【受講費】4,500円/早期割引4,000円(10/21土迄のお申込)

【対象】興味があればどなたでもご参加いただけます。

【指導】鈴木千絵

【主な内容】
・マインドフルネス瞑想(呼吸瞑想、ボディスキャン、歩行瞑想などを予定)
・クリパルヨガ
・ジャーナリング
・シェアリング ほか

【ご予約の流れ】
コンタクトフォームよりお申し込みください。

● お申し込み受付後、予約確認メールをお送りしますので、1週間以内にご入金ください。
● 通常2日以内に返信しております。3日経ってもメールが届かない場合は、受信拒否設定になっているか、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご連絡ください。
*最少催行人数に満たない場合、開催を中止することがあります。

【キャンセルについて】
キャンセル料はかかりませんが、開催1週間前を過ぎてのキャンセルは極力お控えいただけますと助かります。
なお、返金の際は、振込み手数料のご負担をお願いいたします。
何かご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッション受付中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

Sep 6, 2017

太陽の塔

高速で、ふと窓の外に目をやるとそこには、冗談みたいに街を見下ろす、巨大な塔。
わずか数秒の間に写真を撮って、通り過ぎていくシンボルを茫然と見つめるという早業をこなす。

こんなことになっているとは知らなかった元関東人でした。すげー。
撮った写真をアップで見てみると、コレ、こっち見てるのね。

いや、もう、最高です。
色々、どうでもよくなるね。

Posted in Blog, 日々のこと

 

Jul 31, 2017

マインドフルネス瞑想会 in 京都誓願寺


最高の精神的実践は、判断なく自己観察することです(スワミ・クリパル)

 
京都は誓願寺にて、マインドフルネス瞑想会を開催します。

現在、クリパルヨガとマインドフルネス瞑想を組み合わせたクラスを定期的に行なっていますが、みなさんの瞑想への興味・関心にいつも驚かされています。
普段はヨガがメインの90分〜2時間のクラスですが、ここではもう少し瞑想に重きをおいた時間になればと思っています。

マインドフルネスとは、心を今ここに置き、起きていることに対して何の評価や判断も加えずに、あるがままを見ていくこと。

それは、クリパルヨガの練習において、また、私が現在個人セッションを行なっているフェニックス・ライジング・ヨガセラピーにおいても、ベースとなる重要な要素です。

みなさんは、何を目的にヨガをしていますか?

はじめはエクササイズが目的だったとしても、長く続けていると、少しずつ自分の内面が変化していることに気がつくかもしれません。
また、最初から「心を落ち着けたい」など、ヨガの精神面に興味を持つ人も少なくないかもしれません。

けれど、ヨガのポーズをとりながら他人や自分の体と競争していたり、これから食べるランチのことを考えていたり、ポーズが上手くとれない自分にダメだしをし続けていたら、いつまで経っても頭の中は忙しく、心と体はバラバラのままです。

(そういった思考が働くこと自体が悪いわけでは全くありませんが、それだけではないヨガのやり方がありますよ、というお話です。)

 

 
マインドフルネスとは、端的に言うと、「意識的である」ということ。

日常をマインドフルに生きていく、という術を身につけると、次第に自分の本心(本当の思い)にも気がつきはじめます。
そうすると、自然と「本音で生きる」「自分らしく生きる」という選択ができるようになっていきます。

また、不安や恐れといったいわゆるネガティブな感情に巻き込まれることが減ってくるため、制限から解放されて、自由に生きられるようになっていきます。

この瞑想会が、ヨガとマインドフルネス瞑想とを繋ぐ架け橋に、そして、ヨガや瞑想と日常生活とを繋ぐ架け橋になったらいいなと思っています。

瞑想は短いものを何度かに分けて、ヨガはやさしいものを短時間行なう予定ですので、ヨガや瞑想の経験がなくても大丈夫です。興味のある方は、お気軽にお申し込みくださいね。

会場はいつもお世話になっている誓願寺の講堂です。
とても気持ちのいい空間ですよ!

 

 

マインドフルネス瞑想会 詳細

【日時】2017年9月2日(土) 10:00-13:00

【場所】京都誓願寺(新京極六角)アクセス
*本堂入口ではなく、寺務所側からお入りください。

【持ち物】
ヨガマットまたはバスタオル、動きやすい服装、飲み物、ノートとペン、靴を入れるビニール袋
*更衣室をご利用いただけます。
*靴は各自で袋に入れてお持ちください。

【受講費】4,500円/早期割引4,000円(8/26土迄のお申込)

【対象】興味があればどなたでもご参加いただけます。

【指導】鈴木千絵

【主な内容】
・マインドフルネス瞑想(呼吸瞑想、ボディスキャン、歩行瞑想などを予定)
・クリパルヨガ
・ジャーナリング
・シェアリング ほか

【ご予約の流れ】
コンタクトフォームよりお申し込みください。

● お申し込み受付後、予約確認メールをお送りしますので、1週間以内にご入金ください。
● 通常2日以内に返信しております。3日経ってもメールが届かない場合は、受信拒否設定になっているか、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。ご確認の上、再度ご連絡ください。
*最少催行人数に満たない場合、開催を中止することがあります。

【キャンセルについて】
キャンセル料はかかりませんが、開催1週間前を過ぎてのキャンセルは極力お控えいただけますと助かります。
なお、返金の際は、振込み手数料のご負担をお願いいたします。

何かご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

 

Jul 29, 2017

ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間:: in 和歌山 参加者の声

「ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間::」にご参加いただいた方々からいただいたアンケートの回答を、一部ですが掲載します。

私自身、自由時間にはこのメンバーで一緒に旅行に来ている錯覚を覚えたほどの、幸せな2日間でした。

また、こんなふうにたっぷりと時間をとって、”素の自分” や ”女性である自分” と出会い、慈しみをもって見つめていくこのリトリートの価値を、再認識することができました。

改めて、ご参加いただき、ありがとうございました!

 

ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間:: 参加者の声

● 日常から離れた自然豊かな場所で、ヨガだけでなく、海、花火、神社や山散策など色々なアクティビティを合わせて経験できたことが、とても良かったと思います。
アットホームな雰囲気で、素敵なインストラクター&メンバーと、つかの間の夏休みを過ごすことができて本当に幸せな時間でした。

● 全くの初対面で、しかもクリパルヨガやウーマンズヨガの経験も無いのに参加させていただいて申し訳ない感じもありながら、とても充実した時間を過ごさせていただき本当にありがとうございました。
今まではスポーツをするようにヨガに接していた部分もありましたが、今回のリトリートに参加して、何となくの知識しかなかったチャクラの話や、初めて聞いた四季と女性のサイクルの話、フラワーワークなどを通して、ヨガの奥深さや女性として生きることの大変さに改めて気づくことができました。自然や色んな周期と繋がっていることを感じながら過ごすことが、自分自身を助ける、癒す一つになるのだなと勉強になりました。

シェアリングは、正直抵抗があり、思ったことを少しも伝えられなかったと思いますが、リトリートを通して気づいたことを日々の生活やヨガをする時に思い出したり感じてみたりしていきたいなと思います。
そして、本当に素敵な時間を過ごせたのも、お二人の気さくで温かいお人柄ゆえだと思います!本当にありがとうございました。

● 自分の中にスペースがうまく作れなくなった時、いつでもあの海の音やそこでの体験を思い出して、自分の中の静けさとつながれるといいなと思います。
チエさん、まきこさん、とてもいい時間や人と出会える場を提供していただいてありがとうございます!!

 

Jul 24, 2017

ウーマンズヨガ・リトリート::海・ヨガ・ひとりの時間:: in 和歌山 あとがき

和歌浦での1泊2日のウーマンズヨガ・リトリート、終了しました!

2日間とも天候にも恵まれ、たっぷり夏を満喫してきましたよ。

望むと望まざるとにかかわらず、女性としての体や特性を持っている私たち。

私は元々女性としての役割には然程こだわりがない方で、
女性であることよりも、人間であることや、
自然の一部であるということの方に興味があって、
女性らしくあることだけが良いとも思いません。

けれど、そうは言ってもホルモンのバランスに浮き沈みしたり、
どこかで妻という役割をちゃんとやらなくちゃという観念があったり、
やっぱりこの「女性であること」って、見どころたくさんだなって思うのです。
(もちろん、男性も!)


*クリパルヨガの「女神のポーズ」

母や妻、娘やお姉ちゃん、妹といった役割的なものや、
妊娠や出産、月経や更年期などの、体にまつわること。

経験していてもしていなくても、女性の人生にまとわりついてくるそれらの事柄。

私たちが提供しているウーマンズヨガでは、
体のバランスを整えたり、日常から離れてリラックスしたりといったこと以上に、
女性性を通して「自分を知る」ということを大切にしています。

あるがままの自分を知るということ。

春夏秋冬という4つの季節のサイクルをベースに、
人生のサイクル、ホルモンのサイクル、感情のサイクルなど、
自分が今どういうところに居るのかを見つめていきます。

そして変えられないものを無理に変えようとせずに、
今起きている現実としっかりと向かい合ってみる。
充分に味わってみる。

悲しいときはちゃんと悲しんでいい、
腹が立つときには怒りを感じたっていい。

それが、自分を愛し、受け入れるということであり、
必要な癒しや洞察は、そこから生まれていきます。

季節が移り変わるように、物事は変化していく。

暑かったり寒かったり

晴れたり雨が降ったり

泣いたり笑ったり。

そんな色々があるからこそ、人生は豊かなのだと思います。

参加してくれたみなさんへ、
このリトリートでの体験を日常に生かすためには色々なことができると思うけれど

自分が今どの季節にいるのかを知り、それを味わって、
そしてどう変化していくのか、またはいかないのかを見てみる、

ということも、時々思い出してみてくださいね。


みんなありがとう!

それから、ウーマンズヨガに興味を持った方へ。
またきっとやりたいねとスタッフ一同で熱く語り合いましたので、
次の開催をどうぞお楽しみに!

一緒にティーチングしたまきこさん(写真左)、
たくさんのサポートをしてくれたひろえさん(写真右)も、本当にありがとう♡

*参加者のみなさんには、リトリート中の写真をアップしたオンラインアルバムのURLをメールでお送りしています。
届いてないよ!という方がいたら、ご一報くださいね。

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >

 

 

1 2 3 4 5 19