Oct 3, 2017

300時間クリパルYTT「瞑想とアドバンスアーサナ」あとがき

300時間クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)の「瞑想とアドバンスアーサナ」のモジュール(75h)が終了しました。

ヨガや瞑想をひとりの生徒として充分に体験することができ、さらにそこから知的な理解や指導法へも繋げていくことができた、素晴らしい時間でした。

クリパルティーチャーになって10年目の今、これまでのヨガや瞑想、そしてそれ以外のさまざまな経験や体験と今回のモジュールの内容とが驚くぐらいにフィットしていて、まさに水を得た魚のようでした。

ほんっっと、受講して良かった。


プラクティスティーチ前の光景、生徒役の仲間たち。

 
クリパルの300時間YTTではアドバンス向けのポーズの指導法を習っていくのですが、それは単に難易度の高いものを教えるというだけではなくて、肉体的にも精神的にも、より深いレベルで生徒をサポートし、勇気づけをする方法を学んでいるのだと思いました。

そのために必要な重要な要素は、ひとりの人間としての成熟さ。

成熟さとは、立派な人間になることではなくて、自分に正直であること、そして自分の行動や感情に責任を持つことだと感じます。

そしてそれは、少しの勇気さえ持てば、誰でも、いま、ここからできること。


プラクティスティーチのグループ!

 
今回のトレーニングで1番感じたことは、
私は傷つくことが怖くてたまらなかったんだなあ、ってことでした。

人に嫌われたくない。
不快にさせたくない。

だって、もうこれ以上、傷つきたくない。

 
ずっと自分で自分を守り続けてきた、

もうこれ以上傷つくのは嫌だった、

・・・だけど。

身を守って硬くして傷つかないようにして、そんな人生楽しいか??

 
そんなにいろいろ見張っていなくたって、
きっといざとなれば、私は私を精一杯守ることができるだろう。

そうして、見張っていたっていなくたって、嫌われるときは嫌われるし、不快にさせてしまうことだってある。

そもそもヨガ教師やセラピストって時に嫌われ役を買って出る必要があるし、私が誰かに好かれるためにやってるんじゃない。

私のエゴを満たすためにやってるんじゃない。

 
だから、私は自由に生きたいと心から思った。

命の表現を、人生の展開を、信頼したいと心から思った。

傷つかずに生きていくことはできないんだって、腹が据わった。

 
クリパルヨガは、喜びも、悲しみも、心地よさも、痛みも、すべてを含んだこの世界のあるがままを赦し、受け入れ、生きるとはどういうことかを教えてくれる。

そんなクリパルヨガを伝えていけることを、誇りに思います。

 
さて、ここからあと2年かけて、残り3つのモジュールを受講する予定です。
500時間*クリパルヨガ教師になることはひとつの目標でもあったのだけれど、数字や肩書きなんてどうでもいい、この経験をさせてくれる機会に、心から感謝します。

(*2008年に200時間YTTを修了、今後300時間を修了すると、併せて500時間の認定がもらえる)

 

200時間YTTの1期&2期生、地方チーム。
おいしいスープカレーを食べながら熱く語り合った夜♡

 

大好きな名古屋のたまちゃんと、YTTディレクターのトシさんと。

ありがとう。胸いっぱい。

でもまだ終わったわけじゃないので(むしろ始まったとこ)、
今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッション受付中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >