Jun 29, 2017

ケンさんのクリパルヨガ&内なる批判と向き合うWSあとがき

 
すっかり時間が経ってしまいましたが、
京都誓願寺での松村憲さんによるワークショップ、終了しました!

朝、誓願寺に到着して、だれもいないがらんとした講堂の大広間に行くと
やわらかい光が降り注いでいて、神聖な空間をひとり静かに味わいました。

第1部のヨガの時間では、今回はヨガ経験者が多かったこともあり、
少しエネルギッシュなフローで動いていくクラスでした。

ぐっと自分の中に意識が向き、奥深くが揺さぶられ、感情が動く。
起こることすべてはそのままでいいのだと改めて感じた時間でした。

参加者のみなさんも、色々な体験があったようです。
第1部、第2部と通しで参加された方には、
自分を見つめていくのにちょうどいい準備となったのではないでしょうか。

 

 
午後は、マインドフルネスとプロセスワークを合わせた
「私だけの物語を歩く『内なる批判と向き合う7つのステップ』」でした。

内なる批判者に光を当てて統合させていくこのワーク、私は大好きです。
敵だと思っていたものは、実は味方であり、更に言うと、すべては ”自分” なんですよね。

味方の方にもフォーカスしていきましたが、私の体験では、
予想していた優しく慈愛に満ちた人物とは大きくかけ離れ、
「ばっかじゃないの!」と叱咤激励されるというもので、思わず苦笑してしまいました。

だけど、今の私に必要だなあと、とてもとてもしっくりきて、
今でも時々そのときのノートを見返し、パワーをもらっています。

 

 
ケンさん、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
(集合写真が第2部のものしかなくてすみません)

こうやって関西にケンさんが来てくれて、クリパルティーチャーや、生徒さんや、
何かピンとくるものがあって足を運んでくださった方々が集まってひとつの場を共有するって、
本当にありがたく幸せで、同時にすごく不思議なことだなと感じました。

よく知っている人、はじめて会った人、さまざまな人が入り交じり、
目と目を合わせて、ハートから繫がろうとするということ。

私たちはどうしても「この人は敵か、味方か?」みたいな見方をしてしまいがちだけれど、
いろんな思い込みを外してみれば、その人が誰でどういう人かなんて関係なく、
ハートから繫がることができるんだ。

私がやりたいことはそういうことで、
そんな不思議が、いつしか当たり前になったらいいなと思います。

 
 
★Information★
【7/15-16】三浦まきこ&鈴木千絵による1泊2日女性限定リトリート開催!
ウーマンズヨガ・リトリート ::海・ヨガ・ひとりの時間:: >

 


 
● はじめましての方へ
鈴木千絵プロフィール >

● 少人数制の自宅ヨガ教室や、京都・大阪のスタジオクラスなど
クリパルヨガレギュラークラス >

● 個人セッションモニター募集中
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー >

● マインドフルネス瞑想を実践する
ヨガと瞑想クラス >